投稿日:2022年4月13日

内装工事の下請け・元請けがそれぞれ注意すべきこと

こんにちは!
京都府京都市に拠点を置き、内装仕上げ工事およびリフォームを主に手掛けております、西山装飾です。
平成6年の創業以来、腕の確かな内装工たちとともに、京都府内を中心に滋賀県・奈良県・大阪府で活動を続けております。
そんな弊社も2019年に25周年を迎え、今後益々の成長を目標に掲げ、協力会社様を募集することにいたしました。
今回は内装工事の下請け・元請けが、それぞれ注意すべきことを考えました。
一人親方様や下請け業者として今後活躍していきたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にご覧いただけますと幸いです。

下請け業者が注意すべきこと

虫眼鏡を持つ男性
下請け業者が活動していくうえで、まず注意すべきことは、とにかく安全性に関することです。
下請け業者が事故を起こしてしまうと、下請け業者だけの責任ではなく、元請け業者も責任を負う可能性があります。
また安全性について注意するだけでなく品質面についても、求められるレベルに達していなければなりません。
下請け業者のレベルが低い……といった噂が立つと今後の受注数にも影響してまいりますので、いただいた仕事は誠実にこなしていきましょう。

元請け業者が注意すべきこと

一方元請け業者が注意すべきことは、全てを下請け業者に丸投げにしてはならないという点です。
そもそも工事の丸投げ(一括下請負)は、建設業法第22条で禁止されています。
そのまま丸投げにしてしまうと施工に関する責任の所在が不明確になり、品質が低下するなどの理由から、この法律が定められています。
元請け業者は下請け業者に対して、工程管理や安全管理・品質管理・技術的指導・施工計画の作成などをきちんと行うよう、徹底していきましょう。

腕に自信のある大工さんはお声がけください!

お問い合わせ
内装工事の下請け・元請けがそれぞれどのような点に注意すべきかお話しさせていただきましたが、今後の業務の参考になりそうでしょうか。
冒頭でもお伝えいたしましたように、弊社では協力会社様としてお力添えをいただける一人親方様や業者様を募集しております。
腕に自信のある大工職人の方からどんどんお声がけいただければと思いますので、協力会社の制度に少しでも興味がございましたら、ぜひご連絡くださいね!
内装仕上げ工事のプロフェッショナルとして、ともに切磋琢磨してまいりましょう。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

西山装飾
〒612-8464 京都府京都市伏見区中島前山町76
TEL:075-612-6300
※営業電話一切お断り。


関連記事

ご当地グルメなどを一挙にご紹介します

ご当地グルメなどを一挙にご紹介します

これまでに仲間とともに食してきたご当地グルメなどを一挙にご紹介します。 岡山県 ひるぜん焼きそば 秘 …

東リPST-3008ヘキサゴンタイプ フロアタイル施工

東リPST-3008ヘキサゴンタイプ フ…

東リPST-3008というヘキサゴンタイプのフロアタイルで施工を行ないました。 少し貼りにくさもあり …

現し仕上げ

現し仕上げ

壁は塗装仕上げになります 仕上がりが楽しみです。 …

お問い合わせ  協力会社募集