投稿日:2022年4月16日

結局どっちがいいの?内装工事の下請けと元請け

こんにちは!
京都府京都市に拠点を置き、内装仕上げ工事およびリフォームを主に手掛けております、西山装飾です。
平成6年の創業以来、腕の確かな内装工たちとともに、京都府内を中心に滋賀県・奈良県・大阪府で活動を続けてまいりました。
そんな弊社も2019年に25周年を迎え、今後益々の成長を目標に掲げ、協力会社様を募集することにいたしました。
さて突然ですが、内装工事の下請けと元請けについて、結局どちらがいいのだろうかと疑問に感じたことがある方はいませんか?
今回は下請けと元請けのそれぞれの良さを比較して、どのような方にどちらが適しているのか簡単にご説明いたします。
興味がございましたら、ぜひご覧くださいね。

下請けになるメリット

人差し指を出す男性
下請けになる大きなメリットは、営業をかけなくても仕事がもらえることと、依頼主との条件交渉などの手間が省ける点です。
集客のために広告宣伝費を捻出するのが厳しい場合や、一人親方としてまだスタートを切ったばかりの頃は、元請けから仕事を貰う方が安定して仕事を得られるでしょう。

元請けになるメリット

元請けになるメリットとして代表的なのは、固定費を抑えられることと、料金設定が自由にできることです。
業務量が毎月一定であればあまり気にならないかもしれませんが、変動が大きい場合、常に人を雇っていると固定費がかさんでしまいます。
元請けになって必要なときに下請けに依頼をかけるようにすれば、社員教育や人件費などのコストはかなり抑えられるようになるでしょう。
料金設定については依頼主から希望額を伺ったうえで、下請けと上手に料金交渉ができれば利益も確保しやすいです。

元請け向き?下請け向き?

では皆様がそれぞれ元請け向きなのか、下請け向きなのか?という点についてですが、その部分に関しては上記のメリットをもとに判断してみましょう。
皆様がもし人手不足に悩む内装業者様でしたらご自身たちを元請けとして取引先を探し、仕事の受注数を増やしていきたいのでしたら下請けとして取引先を探してみてください。

集客にお悩みでしたら弊社までご相談を!

握手
下請けと元請け、それぞれの良さを比較するとともに、どのような方にどちらが適しているのかというお話をさせていただきましたが、参考になりましたでしょうか。
集客にお悩みの大工職人の方や、業務拡大を目指している内装業者様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。
ともに協力会社として連携し、目標実現に向けて動いてまいりましょう!
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

西山装飾
〒612-8464 京都府京都市伏見区中島前山町76
TEL:075-612-6300
※営業電話一切お断り。


関連記事

アクセントクロス 寝室にアクセント サンゲツRE-51217 落ち着いた感じになります。 …

ともに成長しあえる協力会社さまを募集中です!

ともに成長しあえる協力会社さまを募集中で…

こんにちは!西山装飾です。 弊社は京都府京都市に拠点を置き、戸建て住宅・集合住宅のほかビルや店舗を対 …

2021年も内装工事・リフォーム工事のことなら西山装飾!

2021年も内装工事・リフォーム工事のこ…

まずは、謹んで新年のお喜びを申し上げます。 皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び …

お問い合わせ  協力会社募集